子どもたちが海の絵を描いてつくる「光の水族館」ワークショップに参加したら、なんだかとっても癒された。

2015年2月21日の土曜日に福島県いわき市立好間第一小学校で開催された、「Yoshima Aquarium」のお手伝いに参加してきました。イベント当日だけお手伝い参加でいろいろ聞いている時間もなかったので、そもそもどういうワークショップだったのか、どんな人たちが取り組んでいるのか、どんな体制で実施されてきたのか、等について事後まとめしてみました。

image

■そもそもどういうイベントなのか?
こどもたちがみんなで海の絵を描いて、それを集めて光の水族館をつくろう!というワークショップで、unabara(うなばら)というグループにより開催されています。以前にも「Zushi aquarium」や「Hisanohama aquarium」も開催されていて、その際に今回の好間第一小学校の校長先生と繋がって今回の開催となったようでした。
今回から映像などのデザインや演出、音響、システム面などの制作・ディレクションにnudo inc.さんが参加していて、nudo所属のデザイナーさんがunabaraに参加されていて、昨年末にお仕事ご一緒した時のランチでワークショップのことを聞いて、今回参加させていただきました。

■イベント全体の流れと裏側をまとめてみた

image
60人以上のこどもがいたので、ひとつひとつの工程がカオスにならないようにこどもへのフォローだったり、飽きないよう気遣いがありました。それでもわーわーなってしまうのが子どもだけど、それもまた楽しいなと思える雰囲気のあるワークショップでした。

image
裏側はわりとアナログです。とはいえ何度目かのワークショップのようなので、随所に効率化のための検討がされているようでした。今回は絵を撮影する際に、自動トリミング〜ファイルネーム付与部分をプログラムで処理、その後は人力(3人力)でのレタッチ〜グループごとの表示を制御するFlashプログラム、そして最後の光の水族館演出のFlashという構成でした。

■かなり綺麗だった光の水族館の1日

image
体育館2階にひもを渡し白い布をかけてスクリーンに。そこへプロジェクター2台での上映方式。

image
2つのプロジェクターで絵を投影するので、そのつなぎ目の調整作業が大変そう。

image
会場正面側。体育館のステージから見回したところ。

image
絵を制御するしくみはFlashで構築

image
直前まで投影するプログラムの調整が続いていました

image
スクリーン背面から演出のチェックする面々

image
午後1時、こどもが入場完了し、とうとうスタート!

image
結構いっぱいのこどもたちがっ

image
海の写真に群がるこどもたち

image
好きな部分をいろいろ試してました

image
描いてる描いてるっ

image
描いてる描いてるっ

image
描いた絵を撮影し、その後みんなで絵を見る時間に

image
みんなの絵を見終わると、ステージ前に集合。

image
光の水族館スタートっ

image
体育館の床に反射した映像がとてもきれいでした

image
ゆったりした音楽と絵の切り替わりの演出が癒される〜

image
みんなじっと見てたなぁ

暗幕で暗くした体育館内にこどもたちの絵が鮮やかに映し出されて、見終わった後にそれぞれ自分の絵があったーとか、自分の絵は四回もうつったよ、とか本当に楽しそうでした。

海の写真から好きな部分を探しているときの夢中な顔、
それを見ながら自分で描いているときの真剣な顔、
同じテーブルの他の子の絵を見てあーだこーだ話している様子、
ひとりひとり絵を見てもらっているときの恥ずかしそうな感じ、
光の水族館始まったときの食い入るような顔、
終わったときのみんなの解放感、
おれつまんなかったよーと言ってくる子もいたりとか、
ぜんぶ引っくるめてどれもすごく子どもらしくて、
いい表情見せてもらったなぁというイベントでした。

運営・制作のみなさまほんとうにお疲れ様でした。

image

—————————————————-

unabara